留学生がシーカヤック体験

今年度の町と国際教養大(秋田市)の交流事業が 5月18日に始まりました。
初回は国際教養大の留学生が岩館海岸海浜プール周辺でシーカヤックを体験し、豊かな自然環境に理解を深めました。
18日は八森中浜のファガスで留学生に町の紹介などが行われた後、午後からは岩館海岸海浜プールに移動してシーカヤックを体験。
留学生はシーカヤックの乗り方やパドルの扱い方などを学んだ後、海浜プール内で20分ほど練習した後、日本海へ。
穏やかな海でシーカヤックを楽しみました。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

地域連携 学生との交流について

交流実績

動画の後半に舞台となった「あきた白神体験センター」が紹介されています。

<以下は白木個人の意見/感想です>
上記交流実績のリンクをクリックすると同大学と県内市町村毎の交流実績が表示されています。
但し、平成29年度の実績です。
これを見ると八峰町は3番目に多く、町の取り組みがとても積極的で国際交流に理解が深いことが分かります。
恐らく、2年後の現在ではもっと増えていると思われます。
是非今後ともこのような機会を増やして、相互理解を深め、心と心が触れ合える機会を増やしていただきたいと思います。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です