沖合ハタハタ水揚げで活気

秋田県沖で底引き網船によるハタハタ漁が本格化し、八峰町の八森、岩館両漁港でも水揚げが増えています。
11/25には季節(沿岸)漁が解禁され、盛期の12月にかけて漁港は1年で最も活気づく時期を迎えます。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

沿岸の漁は3年連続の千トン割れの規制がありますが、沖合はその帰省の対象外です。
12/2,3のハタハタ・フェスティバルで今年一番のハタハタを早く味わいたいですね。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
 この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
 また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
 投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です