古木に淡黄色の彩り

八峰町峰浜坂形字強坂(ごうさか)の長泉寺(柳川宣史住職)で、樹齢400年以上とされるシナノキが花を咲かせました。
高さ約8mの大木を淡黄色のかわいらしい花が彩り、地域住民の目を楽しませています。
シナノキは境内の一角にあります。
柳川住職によると、天正年間(1573~1592年)とされる同寺の開山当初からあったと伝えられています。
幹回りは約6mにも及び、町指定天然記念物にもなっています。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ


※ 長泉寺のシナノキではありません。

<以下は白木個人の意見/感想です>
長泉寺というお寺は初めて知りました。
そして樹齢400年の立派なシナノキがあったとは。
シナノキの花(写真)も初めて見ました。
今度帰省したら是非寄らせていただきたいと思います。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です