ミチのクニ手這坂 立ち上げ目指して

水沢の手這坂集落で、茅葺(かやぶ)き民家を活用した農泊の提供を目指して取り組んでいる木村友治さん(37歳)は年内の受け入れ開始を目指し、自らが暮らす古民家の改修を進めています。
現在、茅葺きの修復費用を、インターネットを通じて賛同者から出資を募るクラウドファンディングで、200万円を目標に集めています。
木村さんは「手這坂に関心を持った人が足を運んで農業体験をするなどして、この土地の魅力を伝えることができれば」と協力を呼び掛けています。
支援額は3千円からで、金額に応じてコメや野菜などの食材セット、1泊~2泊の宿泊といった特典を用意しています。
問い合わせは木村さん(☎080-3328-9005)

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

木村さんのクラウドファンディング

看板作りのワークショップと壁絵制作の記録動画

<以下は白木個人の意見/感想です>
木村さんは少子高齢化で人口減少の我がふるさとへ7年前に移住していただいた方です。
当ふるさと会ホームページに固定リンクで表示している「3分で分かる秋田県八峰町の魅力」動画でも紹介されています。

町の貴重な財産の一つである桃源郷と呼ばれている手這坂の景観/環境を再生していただいてもいます。
クラウドファインディングで必要な資金の一部を集めて是非農泊を実現していただきたいと思います。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です