秋田県、学力テストでトップクラス維持

県教育委員会は7月31日、今年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表しました。
本県の平均正答率は、小学6年生が国語で全国1位、算数で2位を獲得。
中学3年生は国語が1位、数学が2位で、初実施の英語は7位でした。
今回も全国トップクラスの学力を維持したことについて県教委は、「児童生徒が望ましい生活習慣、学習習慣を身に付けていることや、学校、家庭、地域が連携した本県の優れた教育環境によるものが大きい」と受け止めています。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
県の中でも我が八峰町はどうだったのか気になりますね。
この要素は今後テレワークで町へ若い子育て世代の移住を図る時に、重要な要素になるからです。
学習塾のない学力日本一の町

千葉良一元教育長は素晴らしいです。
(抜粋)
私の名刺は少しユニークです。
表面に
「嬉しいときはいりません。
悲しいとき、悔しいときは悩んでいないで連絡ください」
と記し、裏面には携帯電話の番号とパソコン、携帯電話のメールアドレスを公開して
二十四時間対応で受け付けています。

「一人の子供を粗末にする時、その教育(町)は光を失う」

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。
※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です