「news」カテゴリーアーカイブ

町民ら海沿いのコース疾走

八峰町体育協会、町公民館主催の第15回シーサイドロードレース大会は10月18日、同町八森のファガス周辺特設コースで開かれました。
秋晴れの空の下、子どもから一般まで町内の128人が海沿いのコースを走り、心地よい汗を流しました。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
抜群の景色を見ながらのロードレースは、とても気持ち良い走りだと思います。
この参加者の中から県の市町村対抗マラソンの選手が育っていくことを期待しています。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。

道の駅移転を構想

町は八森字乙の水の「道の駅はちもり」について、御所の台の八森いさりび温泉ハタハタ館の敷地への移転整備を構想し、関係機関と協議を進めています。
近年、多様化する観光客のニーズに応えるように様変わりしている「道の駅」のイメージに対応し、「時代に合った道の駅の在り方を考えたい」として、移転に向けて必要な整備を進めていく方針です。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
現在の道の駅はお殿水がメインなので、少しアピールが弱いと思います。
合体すれば、アピールポイントも増えるので、魅力が大幅に増加し、駐車場も広くなり、双方に良いことづくめではないでしょうか。
ただ、ハタハタ館自体も3年連続の赤字解消の為にもっと魅力を向上させる必要があります。
以前、こちらの記事でコメントさせていただきましたが、町民自体もリピートで訪れたいと思えるような施設にしていかなければならないと思います。
是非実現していただきたいと思います。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。

関係人口創出へ 県がワーケーションのモデルツアーを開始

秋田県は、休暇を楽しみながらテレワークをする「ワーケーション」のモデルツアーを始めました。
働き方改革や新型コロナウイルス対策としてリモートワークが注目される中、東京など大都市の企業をターゲットに関係人口の創出につなげるのが狙いです。
モデルツアーは県北、県央、県南の3地域で秋と冬に実施。
参加者はワーケーションを制度化している企業から募りました。
秋のツアーは県北が第1弾となり、10/14から10/20日まで1週間の日程で行い、日本航空の社員3人が参加しています。

10/15は峰浜のポンポコ山公園内のバンガローで、社員らがパソコンに向かい業務に当たったほか、10/17日は同町の留山、18日は北秋田市の森吉山で紅葉散策を楽しみました。

整備資材の管理部門に所属する入社6年目の男性社員(29歳)は、新型コロナの影響で業務が滞っていたといい、「仕事と休みのバランスが取れ、今が一番充実している」と満足そうに話しました。
経理部門の女性社員(25歳)は「仕事に集中でき、休みのめりはりがつく」と語りました。
ただ、車の免許がなく、「車移動に依存しなければならないのが悩ましい」とも話しました。

能代山本地域の宿泊施設の多くは、平日の利用が少ないという課題を抱えています。
バンガローを管理する八峰町観光協会は「地域外からの利用客の受け入れという点では、ワーケーションはインバウンド(訪日外国人)の延長線上と捉えています。コロナ禍で落ち込んでいる観光需要の回復につながればいい。」と期待しています。
県地域づくり推進課は「働き方改革が進めば、ワーケーションへの取り組みは今後増えるとの期待感がある。関係人口を通じて協働関係を構築したい。」と話しました。

ワーケーション普及は「地方にとって大チャンス」

旅先で休暇を楽しみながらテレワークする「ワーケーション」への関心の高まりを受け、県外の旅行関連業者や自治体などが7月、一般社団法人日本ワーケーション協会(京都市)を設立しました。
小学1年から4年の途中まで秋田市で暮らした経験がある協会代表理事の入江真太郎さん(33歳)=大阪市=はワーケーションの広がりは「地方にとって大チャンス」と語る一方、普及への課題は山積していると指摘します。
入江さんによると、協会は24団体・個人から成ります。
ワーケーションは「Work(ワーク)」と「Vacation(バケーション)」を組み合わせた造語。
通信環境の進展により2010年ごろから海外で広まりました。
国内では、菅義偉首相が官房長官時代に「新しい旅行や働き方のスタイルとして支援していく」と述べ、全国的に普及への熱が高まったといいます。

働く人の利点に「働き方の選択肢が増える」「労働環境を変えることでクリエーティブな発想が生まれやすくなる」「副業や趣味をやりやすくなる」などを挙げました。
また、受け入れる地域にとっては経済活性化のほか、交流人口の増加や移住・企業移転のきっかけづくりといった利点が考えられるといいます。
入江さんは具体例として「有給休暇の取得予定日に急な会議が入った場合、これまでは旅行の日程を変えなければならなかった。ワーケーションなら旅先で半日だけテレワークをし旅行を楽しめる」と語りました。

プライベートの充実が労働意欲の向上につながると強調しながらも、課題の多さも指摘。
旅先のネットワーク環境や仕事スペースの確保などに加え、企業側の制度不備を挙げました。
「ワーケーション中は有給休暇になるのか、交通や滞在の費用は誰が負担するのかなど、企業側の制度が整っていない。今後は先進的な企業を参考に、制度整備に取り組む企業が増えるだろう。」と入江さん。
今後は受け入れる地域間の競争激化も予想されるとし、「地域にとってはリピーターを獲得しなければ意味がない。秋田にしかないものは何かを考え、そうした魅力を発信していくことが重要だ」と話しました。

秋田魁新報の記事

秋田魁新報のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
ワーケーションも町の関係人口を増やして活性化する一つの手段ではあると思います。
但し、目的が異なるので少子高齢化対策としては甚だ遠回りかも知れません。
ワーケーションから発展して、町へ移住し、結婚して子供を産むケースもゼロではないかも知れませんが。
その点「共用のテレワークオフィス開設により、子育て世代(ご両親+子供の家族ごと)の移住を獲得」は、Vacation(バケーション)は関係ありません。
ご本人にとっては、所属会社や仕事内容は変えず、仕事の勤務地/家族との生活拠点を移動して、家族全員の生活を改善することが目的です。
町としては直接少子高齢化への効果を狙います。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。

町でブナの苗木植樹

NPO法人白神ネイチャー協会(山崎典康会長)は10月10日、八峰町八森字真瀬沢の町有地で植樹活動を行ないました。
例年は毎年秋に植樹祭を実施していますが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために中止し、代替事業として今回の活動を計画。
会員約20人が120本の苗木を植え、豊かな森に育つように願いながら作業に汗を流しました。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
植樹には毎年当ふるさと会からも参加させていただいてましたが、今年はコロナの影響で参加できず誠に残念でした。
でも、地元では規模を縮小して実施していたんですね。
このような活動の継続はとても重要です。
来年は参加できるようになるでしょうか。
期待しています。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。
※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。

八峰町と横浜市が再生可能エネルギーに関する連携協定を締結します!

町では「第2次八峰町総合振興計画」において、持続可能な循環型社会の形成に向けて、二酸化炭素削減につながる新エネルギーの導入や省エネルギーの取り組みを進めることとしています。
また、同計画では地域間交流も推進しており、友好都市との文化的、経済的交流を促進することで地域の活性化につなげることとしています。

このたび、このような循環型社会の形成と地域活性化の実現に向け、「八峰町と横浜市における再生可能エネルギーの活用を通じた連携協定書」を取り交わすことになりました。
つきましては、次の日程で「八峰町・横浜市 再エネ連携協定締結記念式典」を開催することになりましたので、お知らせします。
(参考)横浜市ホームページ

日時:10月29日(木)14:30~14:45
会場:八峰町役場 2階 大会議室(町長はオンラインでの出席となります)
取材:新型コロナウイルス感染症対応のため取材スペースに限りがあります。
取材を希望される報道関係者は、10月28日(水) 15:00までに企画財政課へご連絡ください。

役場の記事

役場のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
これは素晴らしいですね。
峰浜の風力発電所で発電された電力を横浜市内の6事業所へ供給するそうです。
でも、こんなに離れた地域間なら電力損失も小さくないと思いますが、大丈夫なんだろうか。
また、地元の電力消費に利用した上でも、余るような発電量があるのだろうか。
恐らく、契約したら6事業所への電力供給は保証しなければならなでしょうし。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。

白神の詩CD 発売中!

このCDには以前に開催していた悠久の森“白神”フェスティバルのふれあいコンサートで披露された、第1回(平成13年)から第5回(平成17年)までの「白神の詩」大賞曲が収録されています。
イベントにゲスト出演されたアーティストが参加しています。
音源はイベントを録音した物ではなく、スタジオレコーディングしたものです。
町の企画で作成されたCDですので枚数に限りがあります。
お早めにお問い合せください。

<参加アーティスト>
* しらいみちよ
* 白鳥英美子
* 柿崎竹美
* KOKIA
CD収録曲の試聴はこちら! 全曲試聴できます!

<購入方法>
八峰町役場企画財政課宛てに
1. 氏名
2. 住所
3. 電話番号
4. FAX番号
5. 希望枚数
を記入のうえFAX(0185-76-2113)又はメールでお申込下さい。
受付後、送付方法と代金のお支払い方法をご返信致します。

<お問い合わせ>
企画財政課
電話:0185-76-4603
ファクシミリ:0185-76-2113
E-Mail:kikaku@town.happou.akita.jp

役場の記事

役場のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
私はだいぶ前に購入していますが、皆素晴らしいアーティストで、かつ楽曲もとても素晴らしいです。
作詞は確か公募で、作曲は町出身の元オフコースの松尾一彦です。
我が町を歌う素晴らしい楽曲です。
是非聴いてみてください。
もうフェスティバルが復活することはないのでしょうか。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。

町内宿泊施設利用助成事業「はっぽうで お得に泊まろう 秋冬割」

秋田県、青森県、岩手県、山形県に在住(新型コロナウイルス感染拡大状況等より、事前告知なく変更する場合あり)の方で、令和2年10月1日チェックインから令和3年3月1日チェックアウトまでの宿泊を対象に助成します。

●1泊2食付きまたは1泊夕食付き宿泊    1名1泊につき 5,000円
●1泊朝食付きまたは素泊まり       1名1泊につき 2,000円
●ポンポコ山公園バンガロー村、ハタハタランドトレーラーハウス利用
1室あたり1泊につき 2,000円
利用者は手続きの必要がありません。
(宿泊料から該当助成分を差し引いた額で精算されます)

<対象施設名>
八森いさりび温泉ハタハタ館  ☎︎ 0185-77-2770
ハタハタランドトレーラーハウス ☎︎ 0185-77-2770
あきた白神温泉ホテル  ☎︎ 0185-77-2233
三四郎旅館 ☎︎ 0185-78-2413
民宿いがわ ☎︎ 0185-78-2206
民宿十三夜 ☎︎ 0185-88-8724
農家民宿 花みずき ☎︎ 0185-76-3778
農家民宿 観海荘 ☎︎ 0185-77-3038
ポンポコ山公園バンガロー村 ☎︎ 0185-76-3322

<注意事項>
・予約時に、「八峰町キャンペーン利用希望」を伝えてください。
・子ども料金は対象外です。
・連泊に伴う制限はありません(期間中複数回の利用も可能です)。
・GOTOキャンペーン対象商品は対象外です。(併用できません)
・秋田県プレミアム宿泊券、八峰町プレミアム付商品券、各種共済利用券は併用可です。
・宿泊施設で現地精算するものに限り対象とします(事前カード決済は対象外)。
・お釣りは出ません。

<問い合わせ先>
八峰町 新型コロナウイルス総合対策室 ☎︎ 0185-74-7474

役場の記事

役場のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
秋田、青森、岩手、山形にお住まいの方対象なので、残念ながら関東に居住するふるさと会のメンバーは利用できません。
でも、海外からのインバウンドや首都圏など遠方からの利用者を敢えて対象外とする狙いはなんでしょうか。
期待する利用者の数でしょうか。
地元経済の活性化/復活には、もっともっとたくさんの利用が必要で、それには気軽に利用可能な地元住民や近隣県住民の相互利用が必要、という判断なのでしょうか。
町内在住の方は是非活用いただいて、町の経済を少しでも活性化していただきたいと思います。

秋田市への移住を考えている方へ、事前訪問者へのサポートのご案内

昨年まで幹事会、会報委員会の場所を都内・神田にご提供いただいた門脇成英さんが、今年から秋田市郊外に「みんなの家」を建て、早速その存在をアピールするチラシを作成しました。

対象は秋田市限定ですが、そのサポート内容は本当に移住を検討している方が、あると嬉しいサービス内容です。
我が町八峰町では以前のようなお試し移住ツアーは無くなり、オンラインでいつでも相談受付可能な体制へ移行しています。
相談から一度現地へ来てみようとなった場合に是非とも必要になる施設とサービス内容だと思います。
ただ、ここまでのことは中々一民間人ができるものではありません。
やはり行政へ期待するしかないでしょうか。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。

2020年9月度アクセスレビュー(9/1〜9/30)

遅くなりまして、済みませんでした。
9月度のアクセス地域とアクセス記事のランキングです。
尚、月末近くに投稿された記事とそれ以前に投稿された記事とでは掲載期間が異なるので単純に比較は出来ないのですが、ご参考までに、という位置付けでご覧ください。

尚、感想については白木個人のものです。

■地域別アクセスランキング 2020/9/1〜2020/9/30
※ 区には”city”が付きます。本来の市には何も付きません。

1位〜20位

21位〜40位

トップは横浜市で118回でした。
恐らく横浜市がトップになったのは初めてではないかと思います。
2位は秋田市が79回でした。
3位は大館市が58回でした。
大館市の3位も初めてだと思います。
4位は大阪市、5位は札幌市でした。
トップ5常連の能代市は22回で10位でした。

尚、残念ながら我が町「Happo」は今月もランク外でした。

■記事別アクセスランキング 2020/9/1〜2020/9/30
1位〜10位

11位〜20位

21位〜30位

31位〜40位

今月の記事別の1位は、「あの秋田美人は誰?」が238回でした。
本当に言葉がありません。

2位は『セキトの名物「志んこ」全国発送へ!』が137回で入りました。
セキトも根強いですね。

3位は『「美しい秋田」青谷明日香さん』が56回でした。
2位までは常連ですが、3位の『「美しい秋田」青谷明日香さん』は復活ですね。
何があったのでしょうか。
もちろん、「美しい秋田」は素晴らしいので、また聴きたくなったのでしょうか。
私も時々聴いています。

4位は「新聞広告賞で優秀賞受賞」が38回で入りました。
クドウナオヤさんは「にんじゅ」のお孫さんです。
本当に心のこもった素晴らしい広告でした。

5位には「サプライズ花火で地域を元気に!」が35回で入りました。
中浜ひとつ森会の活動は子供らに夢を与え続ける素晴らしい活動です。
中浜ひとつ森会については「中浜ひとつ森会が「はっぽう議会だより」に」でご紹介しています。

9月度(2020/9/1〜2020/9/30)の月間の総訪問数(ページビュー数)は2,238回で、一日平均74.6回でした。


次回は10月度分を11月上旬にお知らせしたいと思います。
今後とも引き続きご利用のほどよろしくお願いいたします。

尚、本ホームページへご意見、ご要望などありましたら、何なりとお聞かせください。
この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れますので、ご入力願います。

英国製バイク「AKITA」新発売 秋田犬由来、力強さ表現

英国製バイクの名前がなぜ「秋田」―。
そんな声が聞こえてきそうなバイクが先月、発売されました。
英国のメーカー「MUTT MOTORCYCLES(マット モーターサイクルズ)」が売り出したのは、その名もずばり「AKITA(アキタ)」。名前の由来は?

アキタを輸入販売する「ピーシーアイ」(東京都)によると、角形の燃料タンクと直線的な短いローシートを組み合わせた力強いデザインが特徴。
排気量は125ccと250ccで、街乗りに適しています。
ブラックとシルバーの2色を展開しています。

秋田魁新報の記事

秋田魁新報のトップページ

マット・モーターサイクルズ

<以下は白木個人の意見/感想です>
中々味のあるバイクですね。
小型で可愛いけど足腰がしっかりした秋田犬のイメージですね。
私は若い頃にはバイクに乗って良く箱根へ出掛けていました。
ナナハンキラーと呼ばれていたRZ350は2速でもフロントが持ち上がる恐ろしい加速のバイクでした。
今は仕事で原付バイクに毎日乗っています。
つまり、いわゆるバイク好きです。
秋田犬だと言われると、是非所有したくなります。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。