ハタハタ漁獲枠の倍近い水揚げ

県漁協北部支所管内の季節(沿岸)ハタハタ漁は今季、漁獲枠77トンに対して130トンを超える水揚げがあり、豊漁を印象付けました。
近年は資源水準が低いと予測され、漁獲量が振るわなかっただけに、漁業者は「今季は個別に配分された漁獲枠を達成できた。まとまった群れが接岸した」と手応えを得ています。
同支所管内では漁を切り上げる漁船も見られ、季節ハタハタ漁は終盤を迎えています。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
なんと、漁獲枠の倍近く獲れたんですね。
豊漁は漁師さんの収入アップ(冬のボーナス?)にも繋がり、その購買力で町の商店が潤い、町の活性化へ繋がって行くので、とても良いことだと思います。
我々もハタハタをたくさん安く食べれるようになるので。
でも、それは問題無いのでしょうか。
1割2割なら誤差の範囲かも知れませんが、2倍です。
何の為の漁獲枠なんでしょうか。
来年に大きな影響が無いなら良いのですが。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です