留学生が餅つきや書き初め

八峰町と国際教養大の国際交流事業が2月25日、八森のファガスで行われ、留学生が餅つきや書き初めに挑戦するなどして日本文化への関心を深めました。
この日は、米国や英国、中国、台湾、ドイツ、チェコからの留学生8人が来町しました。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です
毎年の恒例ですね。
是非継続して互いの理解と交流を深めていただきたいと思います。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です