JAやまもとが6次化で奨励賞

6次産業化の優れた取り組みを表彰する農林水産省の「6次産業化アワード」で、JA秋田やまもと(米森萬壽美組合長)が奨励賞の一つ「国産化推進賞」に選ばれました。
農家の女性が中心となったソラマメの規格外品を活用した豆板醤(とうばんじゃん)作りや、原材料をオール秋田産にする同JAのプロジェクトが高く評価されました。
オール秋田産の豆板醤は今夏にも一般販売したい考えで、関係者は「製造・販売の励みになる」と受賞を喜んでいます。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
地元の農産物からこれまでなかった特産品を考えて商品化する6次化は是非どんどん進めていただきたいと思います。
最低でも年に一つでもヒットするといいですね。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です