中浜ひとつ森会が「はっぽう議会だより」に

はっぽう議会だよりNo.56号に中浜ひとつ森会(会長、白木博)が紹介されています。
中浜ひとつ森会は、昭和60年当時青年会活動が下火になりつつあった頃に、既に途絶えていた夏祭りや盆踊りを復活させ、「子どもに夢を、誇れる郷土を、地域に活力を!」をキャッチフレーズに掲げて有志15名で立ち上げられました。
雄島花火はその信念の下に、町民の寄付を募って始められました。
現在雄島花火は、中浜ひとつ森会の中の雄島花火実行委員会が開催しています。

はっぽう議会だよりNo.56号

ふるさと会総会・懇親会では、毎回雄島花火実行委員会から御祝いをいただくと共に、抽選会には多数の豪華景品による特別賞をいただいており、最高に盛り上げていただいています。

「子どもに夢を、誇れる郷土を、地域に活力を!」は、我々ふるさと会会員も皆同じ思いです。
微力ながら、今後とも協力してふるさとを盛り上げていきたいと思います。

尚、議会だよりは議会が閉会都度発行され、町内全戸に配布されています。
各議員がどのような問題意識を持っていて、どんな発言をしているのか、それに対して町長はどんな答弁をしたのか、が良く分かると共に、ふるさとの問題・課題が現在進行形で分かるとても良い資料です。
役場のトップページの左フレームに議会だよりの 固定リンクが表示されています。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


1 thought on “中浜ひとつ森会が「はっぽう議会だより」に

  1. 中浜ひとつもり会会長の白木様と、雄島花火実行委員長大山様には「八峰町関東ふるさと会、総会懇親会」に毎年ご出席頂いております。
    当日の会の準備のお手伝い、お楽しみ抽選会への賞品提供などと大変お世話になっておりまして本当に有難うございます。
    今回会のHPへの記事掲載により「中浜ひとつもり会」の成り立ちや活動について、より多くの会員の皆様方に認知頂けるのではないかと思っております。
    今年は残念ながら総会中止になりましたが、また来年からも是非ご出席くださいます様お待ちいたしております。
                           ふるさと会会長戸田眞里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です