糠森山で元旦登山

能代山本の各地域で1日、元日登山が行われました。
八峰町の真瀬山の会(伊勢均会長)は、八森の糠森山(標高208m)で恒例の元旦登山を行い、参加者は折からの強い風と雪が吹き付ける中、山頂に立ち、一年のスタートを切りました。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

登頂のブログ

<以下は白木個人の意見/感想です>
大変失礼ながら、地元に「真瀬山の会」と言う山歩きの会があるなんて知りませんでした。
山好きな自分としては、是非入会して真瀬のいろんな山へ一緒に登ってみたいのですが、数年に一度帰るか帰らないか状態だと意味無いですね。
大昔に一度真瀬岳(988m)へ登ろうと車で麓まで行こうとしたのですが、ゲートがあるところで車を停めたらもの凄い数の凶暴で大きなアブに襲われ、これじゃ外に出れない!と退散しました。
時期的な問題だったのだろうか。
尚、糠森山からの眺めは超お勧めの絶景です。
眼下に街(主に中浜)や雄島がまるで飛行機から見ているようで、本当に素晴らしい眺めです。
この眺めを白神ジオパークに登録して、是非全町民に堪能していただきたいと思います。

住職の真瀬岳登山ブログ

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です