第2回 恋のキス釣りで独身男女交流

この記事でお知らせした出会い創出イベント「第2回 恋のキス釣りマスターズ」が7月28日、峰浜の海岸で行われ、20~40代の独身男女が釣りや食事で交流しました。
キス釣りの全国大会の会場にもなっている八峰町の砂浜で、出会いや仲間づくりの場を創出しようと町内などの有志が実行委員会を組織し、昨年に続いて開催しました。
町の補助金「出会いの場応援事業」を活用しています。
この日は同町と能代市、大館市から男性5人、女性2人が参加しました。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

若狭さんの動画

若狭さん、いつも素晴らしい動画、ありがとうございます。

女性が2名は少し残念ですが、続けていればこういう時もあります。
これにメゲずに来年も再来年も継続していただきたいと思います。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
 この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
 また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
 投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


2 thoughts on “第2回 恋のキス釣りで独身男女交流

  1. 白木様

    今年度もまたお取り上げいただきましてありがとうございます。

    記事のとおり、女性が2名のみ参加(当日体調不良により3名→2名となってしまいました)であったことは残念でしたが、当日は天候に恵まれ、心配していた暑さもそれほどでは無く、開放的な夏の峰浜海岸で夕方までキス釣りを楽しみ、その後、道のレストラン「はっぽう」さんより貸し切りでご協力をいただき、たくさんのご馳走と、釣りたてのキスを天ぷらでゆっくりと懇親をして語らって楽しんでいただきました。

    イベントは終始和やかなムードで進み、釣り未経験者の参加者が半数以上を占める中で、全員が本命のキスを釣り上げ、「釣り最高!」の声も聞こえていました。
    懇親でも、お互いに連絡先を交換する姿などが見られ、「最後まで楽しく過ごすことができました」との感想もいただくことができました。

    何をもって成果とするかの考え方は人それぞれかとは思いますが、少しであっても八峰町の魅力を発信したり、賑わいの創出に取り組むことには意義があると思っており、こつこつとできることを続けて参りたいと考えておりますので、今後も変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

    1. 高橋さん

      白木です。
      コメントありがとうございます。
      参加者の多少は毎回あると思いますが、やる/やらないの違いは比較にならないほど大きな大きな違いです。
      逆に少ない時ほどご苦労は更に増えるのかも知れませんね。

      私はこのWebページで応援しかできず、高橋さんのご苦労とは比較になりませんが、どうか継続して少しでも町を元気にしていただきたいと思います。
      引き続き頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です