龍角散が八峰町に3千万円寄付

製薬会社の龍角散(藤井隆太社長)が八峰町に3千万円を寄付することが決まり、2月19日に東京都千代田区の本社で藤井社長から加藤町長に目録が手渡されました。
同町の農家が栽培したカミツレ、キキョウといった生薬は同社に全量出荷されており、寄付金は安定生産に向けた来年度から2年間の設備投資や指導者講師料に活用する予定です。
町は生薬の産地拡大に弾みがつくと期待しています。

北羽新報記事

北羽新報トップページ

3千万円とは凄いですね!とてもありがたいことです。
さすが龍角散です。
龍角散のCM、以前は八峰町が出ていたのですが、最近は美郷町になりました。
定期的に交代するのかも知れませんが。
龍角散のど飴は薬草が何種類も入っているだけあって、ただの飴よりかなり高いのですが、私もウオーキング時にふるさと応援の気持ちも込めて舐めながら歩いています。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
 この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
 また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
 投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です