んめものまつり今年は4日間

町のグルメイベント「はっぽう〝んめもの〟まつり」の実行委員会(小沢悟会長)は2月6日、峰浜沼田のポンポコ山公園パークセンターで開かれ、来年度の開催日を6月12、13、19、20日の4日間とし、2週にわたって開催することを決めました。
「密」を回避するため会場レイアウトを変更し、店舗数を減らしても例年通りの集客を確保しようと開催日を増やしました。

北羽新報の記事

北羽新報のトップページ

<以下は白木個人の意見/感想です>
来年度の6月と言う事は、今年の6月ですよね。
年度は4/1〜3/31なので。
2週に渡って開催する案はとても良いと思います。

ところで、密を回避するって、店舗数を減らすだけでは一店舗あたりに却ってたくさんの方が集中して密になるのでは?
集中するのを分散させる為に逆にもっと店舗数を増やさなければならないのでは。

または、入場者数を制限するのでしょうか。
そうなると早い者勝ちで、制限されて入場できない方々は先に入場された方の退場待ちになるのでしょうか。
でも、一旦入場するとそんなに直ぐには退場しないのでは。
結局待ちきれずに帰ってしまうと言う無駄と悪印象が生じるのでは?
または、入場時間を例えば最大30分にして、回転率を上げる?
狙い通りうまく分散することを期待しています。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です