八峰町、GPSを活用した除雪業務管理システムを導入

除雪車へGPSロガーを持ち込み除雪業務報告書への経路記載の自動化や、データベースシステムの導入より情報を一元化し、関係各種資料作成を不整合無く、かつ効率的に行えるようにしています。

我がふるさと会でも会員情報を基にいろんなリスト(宛先シールも)を作成しています。
今はまだ個々のリスト毎にデータが独立している為、同じ情報を重複してメンテせざるを得ず、入力ミスや入力漏れがあったりしてリスト間に不整合が発生しています。
これは人間のやることなので止むを得ません。

でも、これでは入力担当者も同じ情報を目的のリスト毎に何回も入力しなければならなくて大変だし、役員達もそれらのリストを基に共同で作業する時に、合わなくて何が不足しているのかを確認する作業が必要になったりで、誰もが苦労している状況です。

その為、会員情報もデータベースで情報を一元化したいと思っています。
メンテ担当者も作業者の役員達もWIN-WINの関係で、誰もがハッピーになれるようにしたいと思っています。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
 この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
 また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
 投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です