名将 加藤広志さん逝去

元能代工高バスケットボール部監督として全国優勝33回の偉業を達成し、「常勝・能代工」の礎を築いた加藤広志(かとう・ひろし)さんが3月4日午後1時20分、左肺腺がんのため入院先の能代市内の病院で死去しました。80歳。
葬儀は3月14日午後1時から同市元町のキャッスルホテル能代で行われました。喪主は妻のテイさん。

藤里町出身、日本体育大卒、昭和35年に母校の能代工高教諭、同バスケ部監督に就任しました。
無名だったチームを情熱に裏打ちされた厳しい指導で全国レベルまで鍛え上げ、42年の埼玉国体で初優勝を飾りました。
50年には史上初めてインターハイ(高校総体)と国体、選抜大会の3冠を達成。
平成2年に引退するまでの監督在任期間30年での全国優勝は33回を数えました。
このうち3冠達成は5回、インターハイ7連覇を達成、名将として全国に能代工高の名をとどろかせました。
また、教え子たちは大学や実業団、プロチーム、全日本代表の選手、指導者として活躍。
日本バスケ界をけん引する人材を育てました。

北羽新報記事

北羽新報のトップページ

八峰町には直接関係は無いのですが、八森中学出身のバスケ選手もいたので当時から関心はありました。
本当に単純に凄いの一言では表現できない方でした。
ご冥福を祈ります。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
 この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
 また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
 投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です