〝生薬の郷〟づくりを加速

八峰町は製薬メーカーの龍角散から受けた寄付金3千万円を活用し、来年度から2年間で生薬栽培に必要なトラクターや加工作業場といった機械や施設整備を進める方針です。
町内ではカミツレとキキョウの2種類を栽培し全量を龍角散に出荷しており、安定生産に向けた体制を整えます。
キキョウを使った薬膳料理の開発にも着手し、新たな観光資源として町内の飲食店などに普及させたい考えで、“生薬の郷(さと)”づくりを加速させます。

北羽新報記事

北羽新報のトップページ

薬膳料理はいいですね。
健康促進によって医療費低減にも繋がって行けばいいですね。

皆様も投稿記事への感想やご意見など何でもご自由にコメントし、コミュニケーションしませんか。

※ この画面を下ヘスクロールするとコメント欄が表れます。
 この投稿記事に対して誰でもが何人でも自由にご自分の考えや思ったことをコメントできます。
 また、そのコメントに対して誰でもが何人でも自由に返信コメントができます。
 投稿記事をテーマにしてコミュニケーションしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です